バギオの場所や気候、ときどきストーリーシェア

ストーリーシェア、バギオ校

一月の下旬からストーリーシェアバギオ校を拠点にバギオに戻ってきました。
この時期のバギオは一年で最も寒く朝は特に寒さが少し辛いほどです。

日本の気候で例えると4月上旬。
心なしかもっと寒いように思います。
それは、日本と同じ気温の場合にこちらの方が空気が乾燥しているからじゃないかな。
特に朝夜の冷え込みは日によって厳しいので12,1,2月頃にバギオにお越しの場合は、
それなりの準備をオススメします。

飽きもせず、ストーリーシェア

相変わらずストーリーシェアに滞在しているのは友人が生徒として
この語学学校に滞在している事が一つ、

あとはこの環境を最高に気に入っています。
フィリピンはニワトリを庭で飼う家庭が多く、どこにいてもどこからかいろんな音や鳴き声が飛んできます。
ここも同じですが、他に比べるとそれでも静か。
朝起きて、窓から差し込む光も、外に出て吸う空気も、もちろんフィリピン留学語学学校なのでバギオまでわざわざ英語を学びに来た生徒の熱心な姿も、最高に気に入っています。

バギオの場所はどこなの?

バギオにはあまりフィリピンでは見ない光景が広がります。
人々はあまりにシャイで、底抜けに優しいですが人前であまり笑顔を見せません。

皆、ジャケットを着込みおしゃれです。
それもそのはずでここは標高が1500メートルの高地にある街。
乾燥した空気と心地良よく頬を撫でる冷たい風が人を穏やかにする場所です。

同じルソン島にありながらマニラから高速バスで5-6時間も離れる訳ですから
まったく違った場所の様な、また、違ったフィリピンを見ることが出来ます。

人々も街も、シックでオシャレ。
原色を好んで使うのはフィリピンらしいですがバギオの気候や場所によく合い
アーティスティックな雰囲気を感じます。
なんとなく、落ち着いた街ですね。
オーガニックフードの文化などもあり、野菜も豊富なので長期的に過ごすにしても
楽しみが多いです。

日本が冬の時期は気候の心配もないバギオ。

バギオと聞けば雨の心配をする人が多いのではないでしょうか?
確かにバギオの雨季は長く、6月頃から11月頃まで続きます。
もともと雲の中にある様な街、バギオですから雨季に入ってしまうとほぼほぼ毎日雨で
気候に疲れてしまう人も少なくないと聞きます。

それでも、人を魅了する雰囲気のあるバギオ。
これからの滞在でバギオの魅力を少しずつご紹介していきます。

ストーリーシェアについてはこちらから

フィリピンから動画配信中

img_7161
『きっと、生きる日常はなによりも美しい。』
フィリピンのセブとバギオからLIFEBlogをお届けしています。フィリピン留学やセブ、バギオの治安、海外生活や共にフィリピンで生活する友達のことをよく話します。

僕の友人を紹介します

  • フィリピン留学から海外就職支援まで GENSEI IKEDA
  • フォトグラファー/ビデオグラファー MAYUYU TANAKA
  • フィリピンでの事業支援 TATSUYA YAMAGUTI

オススメの語学学校はこちら

Related Entry

#フィリピン留学84#バギオで街のクリーニング屋さんに行った...

【フィリピン留学#0017】#Mar14 2015#ストーリ...

日本のYoutuberはフィリピン留学するべきだと思う

フィリピン留学で君がセブを選んだら日常はきっとこんな感じ。

【靴編-part2-】バギオ留学するなら服装はオシャレにキメ...

【フィリピン留学#0069】#23July2016#b.E....