【後編】バギオのベンカブ美術館(BenCab Museum)はエロい。

ベンカブ美術館のEROTICA GALLERY以外の見どころ。

ベンカブ美術館についての説明は、【前編】バギオのベンカブ美術館(BenCab Museum)はエロい。を見て頂くことにしてこちらは僕が撮ったエロベンカブ美術館の写真達を紹介したい。

この日は日曜日だったので、ベンカブ美術館に訪れる人は多かった様に思う。
フィリピン留学にきているみんなはどうしても土日にしか訪れる事が出来ないと思うんだけど美術館は人が少ない方が絵になることが多いので本当に気に入れば平日にもう一度足を運んでもいいかも。


しかも、懐の深いベンカブ美術館はほとんどの場所で写真を撮ってもOKなのでここは甘えてガンガン撮ろう。いい練習にもなるし何より楽しい。


彼の作品は、TAM AWAN VILLAGE(タム・アワン・ビレッジ)でも見ることが出来た。古いビートルは1950年代〜のものが多く、未だに現役活躍中のビートルをフィリピンの街で見かける事がある。以外と一部のフィリピン人は古い物が好きだ。

最下階にあるカフェの名前は「Cafe Sabel」


写真を一枚しか撮ってなかったので狭く見えるけど、十分にスペースがあるカフェでなんとベンカブ美術館の庭園で育ったオーガニック野菜を利用したランチプレートなどをご用意しているいたせりつくせりっぷりです。ちょっとお値段が僕にはベンカブ過ぎたので僕は入らなかったんだけど300ペソくらいなんてことない日本人のみんなには是非利用してほしい。お値段以上の経験になること間違いなし。

ベンカブ美術館は外も素敵。


庭園になる池には鯉が泳いでた。みんなも薄々気がつくと思うんだけどベンカブってたぶん日本が好きなんじゃないかな。彼の展示品は筆と墨によって描かれていたし、庭はなんとなく日本庭園に見える。

ここには、先住民族の家が展示されているんだけどなんとなく配置の仕方が日本っぽいと言うか遠くから見て美しく見える様に配置されている様に思う。僕のにわか知識を振りかざすと、西洋式の庭は人が庭の中心に立ち美しく見える様に設計され、日本の庭はそれを外から見たい時に美しく見えるように設計される事が多いらしい。
アメリカ、スペイン統治時代の影響を色濃く受けるフィリピンでベンカブ美術館の庭は少し特殊に感じた。

ベンカブ美術館のお土産コーナー


お土産コーナーは入り口のほど近くにあるので、最後の楽しみに取っておくのがいいかも。


シャレシャレすぎてびっくりポンだよね。ちなみに値段も中々シャレているので僕は見るだけにしたけどおしゃれで素敵な空間が広がってたよ。そして、フィリピンでよく見るご当地Tシャツも売ってた。


素敵すぎるベンカブ美術館。こんな経験をさせてくれてありがとう、そしてやっぱバギオはアーティストの街なんだな〜とつくづく感じる。

Name:ベンカブ美術館 BenCab Museum
URL:http://www.bencabmuseum.org
Address:Km. 6 Asin Road, Tadiangan, Tuba, Benguet
フィリピンから動画配信中

img_7161
『きっと、生きる日常はなによりも美しい。』
フィリピンのセブとバギオからLIFEBlogをお届けしています。フィリピン留学やセブ、バギオの治安、海外生活や共にフィリピンで生活する友達のことをよく話します。

僕の友人を紹介します

  • フィリピン留学から海外就職支援まで GENSEI IKEDA
  • フォトグラファー/ビデオグラファー MAYUYU TANAKA
  • フィリピンでの事業支援 TATSUYA YAMAGUTI

オススメの語学学校はこちら

Related Entry

フィリピン留学英語講師とセラピストは似ている

#フィリピン留学87#マニラ→バギオを3時間40分で移動する...

【フィリピン留学#0063】#17July2016#帰ってき...

【フィリピン留学#0061】#15July2016#マニラか...

【靴編-part2-】バギオ留学するなら服装はオシャレにキメ...

#フィリピン留学91#なぜか車の修理工はよく働くフィリピン。